つみたてNISAの特徴とメリット・デメリットまとめ

こんにちは!大西カツシです。

つみたてNISAは、個人の資産形成を支援するために、金融庁が創設した「少額投資非課税制度」です。

インデックス投資で資産形成に取り組むなら、積極的に活用したい制度のひとつですよ。

今回は、つみたてNISAの特徴とメリット・デメリットをまとめて紹介しますね。

つみたてNISAの特徴

まずは、つみたてNISAの特徴をまとめました。

利用できる人 日本在住で20歳以上
非課税投資枠 年40万円(20年間で最大800万円)
非課税期間 最長20年間
投資可能期間 2018年~2037年
投資対象商品 一定の要件を満たす投資信託・ETF
投資方法 積立購入
その他 つみたてNISAと一般NISAはどちらか一方を選択

つみたてNISAは年40万円(月約3.3万円)まで非課税で運用できます。

非課税期間は最長20年間なので、非課税枠は最大800万円(年40万円×20年)です。

投資対象商品は、金融庁が定めた要件を満たす投資信託に限定されています。

投資方法は積立購入に限られており、一般NISAとは併用できない点に注意が必要です。

つみたてNISAのメリット

つみたてNISAのメリットは以下3つです。

  • 運用益が非課税になる
  • 投資対象は資産形成に適した投資信託のみ
  • いつでも中途解約できる

つみたてNISAは、運用益が非課税になるのが最大のメリットです。

投資信託の運用益は通常約20%の税金がかかりますが、つみたてNISAなら非課税になるので、効率よく資産を増やせます。

▼非課税で運用するとどれくらい運用成果が違ってくるかは、こちらの記事で解説しています。

関連記事:インデックスファンドを買うときは非課税口座を優先的に使う

 

つみたてNISAは、投資対象商品を長期の積立・分散投資に適している投資信託に限定しているのも特徴のひとつですね。

国内では約6,000本以上の投資信託が販売されていますが、つみたてNISAの対象商品は181本(2020年4月1日時点)しかないので、どの商品に投資するか選びやすいと思います。

つみたてNISAで購入した投資信託は長期保有するのが理想ですが、どうしてもお金が必要になった場合は中途解約も可能です。

つみたてNISAのデメリット

つみたてNISAのデメリットは以下の通りです。

  • 非課税枠内でスイッチングができない
  • 信託報酬が高い商品もある

スイッチングとは、現在保有している投資信託から別の投資信託に買い替えることです。

iDeCo(個人型確定拠出年金)では、別の投資信託に買い替えても非課税で運用できます。

しかし、つみたてNISAでは、売却分の非課税枠がなくなってしまいます。

つみたてNISAで投資商品を変更したい場合は、これまで積み立てていた商品はそのまま保有し、次回の積み立て分から新しい商品に変更するのがいいでしょう。

また、つみたてNISAは金融庁が投資対象商品を絞り込んではいますが、信託報酬が高いファンドも一部含まれています。

運用期間が長くなるほど、コストが運用成果に与える影響は大きくなるので、個人的には信託報酬が0.2%未満を基準に商品を選ぶのがおすすめです。

関連記事:【資産形成向け】投資信託を選ぶときに確認したい5つのポイント

まとめ

つみたてNISAは、投資信託の運用益が非課税になるのが最大のメリットです。

投資対象が資産形成に適した商品に限定されているので、安心して利用できます。

一般NISAとどちらを選ぶか迷うかもしれませんが、個人的には、非課税枠が大きいつみたてNISAのほうがいいと思います。

つみたてNISAは、SBI証券や楽天証券などのネット証券で始めるのがおすすめです。

インデックス投資で資産形成に取り組むなら、つみたてNISAを積極的に活用しましょう。

 

関連記事:iDeCo(個人型確定拠出年金)の特徴とメリット・デメリットまとめ

関連記事:つみたてNISAとiDeCo(個人型確定拠出年金)はどう使い分ければいいのか