つみたてNISAとiDeCo(個人型確定拠出年金)はどう使い分ければいいのか

こんにちは!大西カツシです。

つみたてNISAとiDeCoをどう使い分けるべきか、悩んでいませんか。

つみたてNISAとiDeCoはどちらも投資信託の運用益が非課税になるので、資産形成に取り組むなら積極的に活用したい制度です。

しかし、どちらを優先して使うのがいいかは、よくわからないかもしれません。

そこで今回は、つみたてNISAとiDeCoの使い分けについて解説しますね。

つみたてNISAとiDeCoの違い

まずは、つみたてNISAとiDeCoの違いを確認しておきましょう。

つみたてNISA iDeCo
運用期間 最長20年 60歳まで(70歳まで延長可能)
掛金の上限 年40万円 年14.4万円~年81.6万円(職業による)
税制優遇 運用益が非課税 運用益が非課税
掛金は所得控除の対象
受け取り時に税制優遇あり
最低投資金額 月100円~ 月5,000円~
引き出し 制限なし 原則60歳まで不可

つみたてNISAとiDeCoの大きな違いは、税制優遇と引き出しにあります。

つみたてNISAは運用益が非課税になるだけですが、iDeCoはさらに掛金が所得控除になりますし、掛金を受け取るときも税制優遇があります。

また、つみたてNISAは引き出しに制限がなく、いつでも解約できますが、iDeCoは原則60歳になるまで引き出せません。

つみたてNISAとiDeCoの使い分けを考えるときは、この2つの違いを意識することが大切です。

iDeCoを優先するほうがお得

リスク資産(インデックスファンド)の運用では、iDeCoを優先するほうがお得です。

iDeCoは掛金が所得控除になるので、所得税・住民税の節税につながります。

iDeCoの節税効果をシミュレーションしてみましょう。

  • 職業:会社員(企業年金なし)
  • 年収:500万円
  • 掛金:月23,000円(年276,000円)
  • 期間:30年間(30歳から60歳まで)

▼上記の条件で掛金を拠出した場合の節税額は以下の通りです。

つみたてNISAとiDeCoの使い分け
引用:iDeCoポータル「節税メリットシミュレーション」

 

1年で約5.5万円、30年間で約165万円も節税できますね。

このように、iDeCoは節税効果が高いので、リスク資産はiDeCoを優先するのが合理的です。

当座のお金が心配ならつみたてNISAを優先

ただし、iDeCoの掛金は原則60歳になるまで引き出すことができません。

一方、つみたてNISAは引き出しの制限がないので、どうしてもお金が必要になれば、いつでも解約できます。

「貯金が少ない」「まとまった支出の予定がある」など、当座のお金が心配な場合はつみたてNISAを優先しましょう。

ただし、解約すると非課税枠が消えてしまうので、つみたてNISAもなるべく解約せずに長期間運用を続けることが大切です。

つみたてNISAとiDeCoの併用するという考え方も

つみたてNISAとiDeCoを併用するという考え方もあります。

つみたてNISAは月100円、iDeCoは月5,000円から始められるので、それぞれ少額から始めてみるのもひとつの方法です。

たとえば、毎月運用に回せるお金が2万円あるなら、つみたてNISAとiDeCoをそれぞれ月1万円ずつ積み立てるのもいいかもしれません。

私もつみたてNISAとiDeCoを併用しています。

資産形成を成功させるには、早く始めて少しでも長く運用を続けることが大切です。

無理に非課税枠を使い切る必要はないので、つみたてNISAとiDeCoのどちらを優先するか決められない場合は、併用することを考えてみましょう。

まとめ

つみたてNISAとiDeCoは、節税効果が高いiDeCoを優先して使うのが合理的です。

iDeCoは掛金が所得控除になるので、所得税・住民税が安くなります。

しかし、iDeCoは原則60歳まで引き出せないので、当座のお金が心配ならつみたてNISAを優先しましょう。

つみたてNISAとiDeCoはどちらも少額から始められるので、どちらを優先するか決められない場合は併用がおすすめです。

 

関連記事:つみたてNISAの特徴とメリット・デメリットまとめ

関連記事:iDeCo(個人型確定拠出年金)の特徴とメリット・デメリットまとめ