クーポン(割引券)やポイントカードを捨てるとお金が貯まる理由

少しでも安く、お得に買い物をするために、クーポン(割引券)やポイントカードを使っているかもしれません。

クーポンを使って欲しいものが安く買えたり、買い物をするたびにポイントが貯まったりすると、お得な感じがすると思います。

しかし、実際はクーポンやポイントカードをたくさん使うほど、かえって貯金ができなくなります。

今回は、クーポンやポイントカードを捨てるとお金が貯まる理由について説明します。

クーポンやポイントカードを捨てたほうがいい理由

クーポンやポイントカードを持っていると、ムダな出費が増えるからです。

こんな理由でお店にでかけたことはありませんか。

  • もうすぐクーポンの期限が切れるから
  • 今日はポイントが5倍貯まる日だから

何となく、お得に買い物ができそうな気がします。

しかし、クーポンやポイントカードは用もないのにお店に行くきっかけになり、結果として不要な買い物をしてしまいます。

クーポンやポイントカードを捨てれば、ムダな出費が減ってお金を貯められるようになります。

基本的にクーポンはすべて捨てる

「10%OFF」「300円引き」といったクーポンは、基本的にすべて捨てるのがおすすめです。

クーポンがあると、無条件でそのお店に行ってしまうからです。

ムダな出費が増えるきっかけになるので、お得なようで実際は損をします。

我が家の体験談を紹介しますね。

家族である外食店に、1~2ヵ月に1回の頻度で食事に出かけていました。

行くたびに「ドリンクバー無料券」「200円割引券」といったクーポンをもらい、「もったいないから有効期限が切れる前に行こう」と思っていました。

しかし、思い切ってクーポンを全部捨ててみたら、そのお店に行くことがなくなったのです。

当時はあまり意識していませんでしたが、「クーポンを使う」という理由で行っていたんでしょうね。

毎回3,000~5,000円使っていたので、クーポンを捨てたことで結構な節約になっていると思います。

ポイントカードは必要なものを2~3枚厳選する

ポイントカードは、利用頻度が高いものだけに絞って使うのがおすすめです。

たくさん持っていると、買い物をするお店が分散されてしまうので、大してポイントが貯まりません。

また、クーポンと同じように、用もないのにお店に行くきっかけになります。

あくまでも目安ですが、本当に必要なものを2~3枚厳選するといいでしょう。

私が使っているのは以下2つです。

Tカードは、Tポイントが貯まるお店に行く頻度が高いのと、SBI証券でTポイントが貯まるのが理由です。

仕事をするのに週に4~5回ドトールに行くので、ドトール バリューカードも使っています(ポイント還元率5~10%)。

食品や日用品の買い物はポイントカードを作らず、クレジットカード(イオンカード)で済ませています。

好きな外食店のポイントカードも持っていましたが、思い切って捨てたら行く回数が減りました。

ポイントカードを持ちすぎないほうが、ムダな出費を減らせて節約になります。

まとめ

クーポンやポイントカードはお得なようで、お店に自分の行動をコントロールされてしまいます。

用もないのにお店に行くきっかけになり、結果的にムダな出費が増えてしまうので、思い切って断捨離しましょう!

お金を貯めたいならクーポンはすべて捨てて、ポイントカードは本当に必要なものだけ2~3枚に絞るのがおすすめです。