小規模企業共済の特徴とメリット・デメリットまとめ

小規模企業共済とは、フリーランスや個人事業主などが利用できる退職金制度です。

小規模企業共済に加入すると、将来仕事を辞めるときに、積み立てた掛金を退職金代わりに受け取れます。

フリーランス・個人事業主は会社員のように保障が手厚くないので、将来の備えとして積極的に活用したい制度のひとつです。

今回は、小規模企業共済の特徴やメリット・デメリット、加入手続き方法について解説します。

小規模企業共済の特徴

小規模企業共済は、フリーランスや個人事業主、小規模企業の経営者のための退職金制度です。

独立行政法人 中小企業基盤整備機構が管理・運営を行っており、全国で約133万人(2017年3月現在)が加入しています。

個人事業の廃業や法人の解散など、将来仕事を辞めるときに、支払った掛金に応じて共済金を受け取れるのが特徴です。

掛金は月額1,000円~7万円(500円単位)の範囲で自由に設定でき、掛金は全額所得控除になります。

また、資金繰りに困ったときは、掛金の範囲内で事業資金の貸付制度を利用することも可能です。

小規模企業共済の共済金の種類

小規模企業共済は、請求事由によって、受け取れる共済金の種類が異なります。

共済金の種類と主な請求事由をまとめました。

共済金の種類主な請求事由
共済金A個人事業主の廃業、法人の解散
共済金B老齢給付(65歳以上で180か月以上掛金を払い込み)
準共済金法人成りで加入資格がなくなったことによる解約
解約手当金任意解約、機構解約(掛金を12か月以上滞納)

共済金の種類によって、受け取れる金額も変わってきます。

たとえば、掛金月額1万円の場合、共済金の額は以下の通りです。

納付年数掛金合計額共済金A共済金B準共済金
5年600,000円621,400円614,600円600,000円
10年1,200,000円1,290,600円1,260,800円1,200,000円
15年1,800,000円2,011,000円1,940,400円1,800,000円
20年2,400,000円2,786,400円2,658,800円2,419,500円
30年3,600,000円4,348,000円4,211,800円3,832,740円

参考:独立行政法人 中小企業基盤整備機構|小規模企業共済 制度のしおり

解約手当金の場合は、納付月数に応じて掛金合計額の80~120%相当額が受け取れます。

小規模企業共済のメリット

小規模企業共済は、以下のようなメリットがあります。

  • 掛金は全額所得控除
  • 受取時も税制メリットがある

小規模企業共済の掛金は全額所得控除になるので、税金が安くなります。

所得税・住民税の節税額の目安は以下の通りです。

小規模企業共済メリット・デメリット
引用:独立行政法人 中小企業基盤整備機構|掛金について(小規模企業共済)

退職金を準備しながら節税できるのは、小規模企業共済の大きなメリットです。

また、共済金を受け取るときは、退職所得控除(一括受け取り)や公的年金等控除(分割受け取り)が適用されます。

小規模企業共済のデメリット

一方で、小規模企業共済には以下のようなデメリットもあります。

  • 加入期間12か月未満の任意解約は掛け捨て
  • 加入期間20年未満の任意解約は元本割れ

加入期間12か月(1年)未満で任意解約すると掛金は掛け捨てになり、全額戻ってきません。

また、加入期間240か月(20年)未満の任意解約は、受け取り額が掛金を下回り、元本割れとなります。

小規模企業共済の加入手続き方法

小規模企業共済に加入する場合は、以下のように手続きを行います。

  1. 必要書類を入手して必要事項を記入
  2. 加入窓口(銀行、商工会議所など)へ書類を提出
  3. 中小企業基盤整備機構から「小規模企業共済手帳」が届く

必要書類は以下の通りです。

  • 契約申込書
  • 預金口座振替申請書
  • 確定申告書または開業届の控え(フリーランス・個人事業主の場合)

必要書類が準備できたら、銀行や商工会議所で加入手続きを行いましょう。

手続きが終わると「小規模企業共済手帳」などの書類が届き、掛金の引き落としが開始されます。

まとめ

小規模企業共済は、フリーランスや個人事業主として働いているなら、将来への備えとして活用したい制度です。

私も加入しており、毎月掛金を払っています。

掛金が全額所得控除になるのは大きなメリットですが、20年未満の任意解約は元本割れになる点に注意が必要です。

小規模企業共済に興味があるなら、まずは資料請求してみましょう!

参考:中小企業基盤整備機構|資料請求(小規模企業共済)

▼ブログランキングに参加しています。ボタンを押して応援してもらえるとうれしいです!

にほんブログ村 投資ブログへ

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログ『らくらく資産形成術』の運営者。本業はフリーランスの金融ライター(AFP)です。10年以上の投資経験とFP資格を活かし、複数のメディアで執筆しています。インデックス投資で資産形成中。