注目を集めている「ESG投資」は個人投資家もを始めるべき?

「ESG投資」という言葉がよく聞かれるようになりました。

ESG投資は主に機関投資家が採用している投資手法ですが、最近ではESG関連の投資信託も販売されています。

「投資を通じて社会貢献できる」と金融機関はアピールしていますが、個人投資家もESG投資を始めるべきなのでしょうか。

今回は、個人投資家のESG投資との向き合い方について考えます。

ESG投資とは

ESGとは、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)の3つの頭文字をとった言葉です。

企業価値を測る材料として、業績やキャッシュフローといった従来の財務情報だけでなく、非財務情報であるESG要素への取り組みも考慮する投資を「ESG投資」といいます。

たとえば、Eは気候変動、Sは女性活躍推進、Gは法令遵守などへの取り組みが挙げられます。

PRI(国連責任投資原則)では、機関投資家が投資にESG投資の視点を組み入れることを原則としています。

日本では、2015年にGPIF(年金積立金管理運用独立法人)がPRIに署名したことをきっかけに、ESG投資が知られるようになりました。

ESG要素に配慮した企業に投資することで、「社会問題の解決に貢献しながらリターンも期待できる」と言われています。

個人投資家もESG投資を始めるべき?

ESG投資の考え方は悪くないように思えますが、私は以下の理由から「個人投資家にESG投資は必要ない」という立場です。

分散効果のメリットを享受できない

ESG投資では、ESGに取り組む企業を評価して投資銘柄を選定するため、分散投資のメリットを十分に享受できません。

ESG投資には複数の手法が存在しますが、リターン(株価)との関係も不明確です。

ESG投資で特定の銘柄に投資するよりも、インデックスファンドで市場全体に投資するほうがリスク分散につながると考えます。

資産形成に適した商品が少ない

個人がESG投資を行うなら、投資信託が選択肢になるでしょう。

しかし、ESG関連の投資信託は、資産形成に適した商品が少ないと感じます。

信託報酬が1%を超える商品が多く、信託財産留保額がかかるファンドもあります。

ESG指数に連動するインデックスファンドもありますが、純資産総額が小さく、種類も多くありません。

また、2021年3月時点で、つみたてNISAの対象商品にESG投資信託は含まれていません。*

資産形成が目的であれば、今のところは個人投資家がESG投資を始める理由はないでしょう。

*参考)金融庁「つみたてNISAの対象商品」

ESG投資よりインデックス投資がおすすめ

個人の資産形成では、やはりインデックス投資がおすすめです。

全世界株式のように、国内外の株式市場全体をカバーするインデックスファンドなら、分散投資のメリットを得られます。

また、信託報酬が低く、純資産総額も大きいファンドを選べば、安心して長期保有できます。

SDGsや脱炭素との関係もあり、ESG投資は長く続くテーマになるかもしれませんが、個人投資家がESG投資を始める必要はないと私は思います。

関連記事:リスク資産は全世界株式インデックスファンド1本で運用するのがおすすめ

▼ブログランキングに参加しています。ボタンを押して応援してもらえるとうれしいです!

にほんブログ村 投資ブログへ

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログ『らくらく資産形成術』の運営者。本業はフリーランスの金融ライター(AFP)です。10年以上の投資経験とFP資格を活かし、複数のメディアで執筆しています。インデックス投資で資産形成中。