楽天証券はどんな人におすすめ?特徴とメリットを解説(インデックス投資向け)

こんにちは!大西カツシです。

証券会社で口座開設する場合、候補のひとつになるのが楽天証券ではないでしょうか。

楽天証券は手数料が安く、つみたてNISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)も取り扱っているので、インデックス投資で資産形成に取り組むならおすすめの証券会社です。

口座開設する前に、どのような特徴・サービスがあるか知っておきたいですよね。

そこで今回は、楽天証券の特徴とメリット、どんな人におすすめかを解説します。

楽天証券の特徴・メリット

楽天証券の特徴とメリットをまとめました。

  • つみたてNISAの取扱商品が豊富
  • 証券口座とiDeCoを1つのIDで管理できる
  • 楽天カード決済で投信積立ができる
  • 楽天ポイントで投資信託が買える
  • 投資信託の保有残高に応じてTポイントが貯まる
  • マネーブリッジで楽天銀行の普通預金金利が0.1%にアップする

それぞれ簡単に説明しますね。

つみたてNISAの取扱商品が豊富

楽天証券は、つみたてNISAの取扱商品が豊富です。

つみたてNISA対象ファンドは約170本ありますが、そのほとんど(約160本)を取り扱っています。

楽天証券なら、つみたてNISAでeMAXIS Slimやニッセイ、楽天バンガードなど、資産形成に適した低コストのインデックスファンドに投資できます。

関連記事:つみたてNISAの特徴とメリット・デメリットまとめ

証券口座とiDeCoを1つのIDで管理できる

証券会社でiDeCoの口座を作ると、通常はつみたてNISAなどの証券口座とは別のサイトで管理することになります。

しかし、楽天証券は証券口座とiDeCoを1つのID(同じサイト)で管理できるので、資産状況が確認しやすくて便利です。

また、iDeCoの口座管理手数料は無料で、商品ラインナップも低コストのインデックスファンドが揃っています。

関連記事:iDeCo(個人型確定拠出年金)の特徴とメリット・デメリットまとめ

楽天カードクレジット決済で投信積立ができる

楽天証券メリット1
引用:楽天証券|楽天カードクレジット決済で投信積立ができる!

 

楽天証券では、楽天カードのクレジット決済で投信積立ができます(つみたてNISAもOK)。

毎月5万円が上限で、決済額100円につき1ポイント付与されるのが特徴です。

たとえば、毎月5万円(年間60万円)を楽天カード決済で積み立てると、年間6,000ポイント(6,000円相当)貯まります。

楽天カード決済で投信積立ができるのは、他の証券会社にはないメリットです。

楽天ポイントで投資信託が買える

楽天証券は、楽天ポイントで投資信託が買える「ポイント投資」に対応しています。

楽天証券や楽天サービスの利用で貯めた楽天ポイントを、1ポイント1円分として投資信託の買付代金に利用できます。

楽天ポイントはスポット購入だけでなく、積立注文でも利用可能です。

期間限定ポイントなど、一部利用不可のポイントもあるので注意してくださいね。

投資信託の保有残高に応じて楽天ポイントが貯まる

楽天証券には、投資信託の保有残高に応じて楽天ポイントが貯まるサービスもあります。

マネーブリッジ(楽天銀行との口座連携サービス)を設定していれば、投資信託の残高10万円ごとに毎月4ポイント付与されます。

ポイント付与率は年率に換算すると0.048%で、同様のサービスがあるSBI証券・マネックス証券に比べるとやや高めです(低コストのインデックスファンドを保有する場合)。

投資信託を保有しているだけで楽天ポイントがもらえるので、かなりお得なサービスです。

付与されたポイントは、投資信託の買付代金に利用できます。

マネーブリッジで楽天銀行の普通預金金利が0.1%にアップする

楽天証券メリット2
引用:楽天証券|マネーブリッジ

 

楽天証券は、楽天銀行との口座連携サービス「マネーブリッジ」を利用すると、楽天銀行の普通預金金利が0.1%にアップします。

一般的な銀行に比べると、かなりの高金利ですね。

マネーブリッジは無料で利用できますし、投資信託の保有残高に応じて楽天ポイントが貯まる特典もあるので、楽天証券を利用するなら楽天銀行も口座開設しておくのがおすすめです。

個人向け国債よりも金利が高いので、ペイオフの対象になる1,000万円以内の預金であれば、無リスク資産の運用先としても利用できます。

関連記事:無リスク資産の運用におすすめの金融商品を2つ紹介

楽天証券はどんな人におすすめ?

楽天証券は、以下のような人におすすめです。

  • 楽天サービスをよく利用する人
  • 楽天カードを使っている人
  • 楽天ポイントを貯めている人

楽天証券は、ポイントサービスが最大の魅力です。

楽天ポイントが貯まりやすく、ポイントで投資信託が買えるので、楽天ユーザーなら楽天証券以外の選択肢はありません。

楽天証券を使うなら、以下のように、あらゆるサービスを楽天に集約させて、徹底的にポイントを貯めましょう。

貯めたポイントを投資信託の購入に使えば、より資産が増えやすくなります。

逆に楽天サービスをほとんど使わない場合は、楽天証券を利用するメリットはありません。

まとめ

楽天証券は、つみたてNISA・iDeCoともに低コストのインデックスファンドが揃っており、資産形成に取り組むならおすすめの証券会社です。

ポイントサービスが充実しているので、楽天ユーザーで普段から楽天ポイントを貯めているなら、楽天証券以外の選択肢はないと思います。

ホームページの見やすさなども考慮したうえで、口座開設するか考えてみてくださいね。

参考:楽天証券

 

関連記事:つみたてNISAにおすすめの証券会社とそれぞれの特徴を紹介

関連記事:iDeCo(個人型確定拠出年金)におすすめの金融機関とそれぞれの特徴・運用商品を紹介