【初めての方へ】らくらく資産形成術とは?具体的な方法や考え方について

らくらく資産形成術

【らくらく資産形成術】にご訪問いただきありがとうございます!

運営者の大西カツシと申します。

当ブログでは、節約・投資初心者の方でも、無理なく資産形成できる方法や考え方について発信しています。

このページでは、私が実践している資産形成の方法や考え方について説明していきますね。

らくらく資産形成術とは

「らくらく資産形成術」とは、言葉の通り、無理なく簡単に資産を増やす方法のことです。

昔の私はお金を貯めるのが苦手で、結婚するまではほとんど貯金できませんでした。

しかし、結婚して「マイホームを買う」という目標ができたことをきっかけに、お金について勉強するようになりました。

(お金の勉強をした結果「マイホームはいらない」という結論になり、結局は買っていません)

私たち夫婦はそれほど高収入ではなく、無理な節約もしていません。

買いたいときに買いたいものを買っていますし、出かけるのが好きなので、家族で外食や旅行をすることも多いですね。

それでも、4年で1,000万円以上貯金した経験があります。

また、資産運用は株式投資からFX、仮想通貨まで、さまざまな投資方法を試しました。

うまく利益を出せたこともありますが、FXで100万円の損失を出す失敗も…。

たくさんの投資方法を経験した結果、現在はほったらかしで運用できるインデックス投資不動産投資で資産形成に取り組んでいます。

こんな感じでゆるくやっていますが、現在でも年数百万円のペースで資産を増やすことができています。

らくらく資産形成術の考え方

努力や根性ではなく、普通に生活しているだけで勝手にお金が増えていく仕組みを作ることを基本方針としています。

特別なことをしているわけではなく、心掛けているのは以下2つだけです。

  • 収入の範囲で小さく暮らす
  • 浮いたお金を資産運用に回す

収入よりも少ない支出で生活できれば、自然とお金は貯まります。

固定費を下げ、必要以上にモノを持たずに小さく暮らすことで、収入よりもかなり少ない支出で生活できていますね。

そして、よりお金が増えやすくなるように、浮いたお金は資産運用に回しています。

らくらく資産形成術の具体的なやり方

私が実践している【らくらく資産形成術】の具体的なやり方は以下の通りです。

  1. 支出を見直して貯蓄できる家計を作る
  2. 生活防衛資金を貯める(理想は生活費1年分)
  3. 資産運用を始める

収入が途絶えても当面は暮らしていけるように、まずは生活防衛資金として生活費1年分のお金を用意します。

食費などの細かい節約は面倒なので、とにかく固定費を徹底的に見直しました。

固定費は節約効果が高いですし、一度見直せば節約効果はずっと続きます。

また、財形貯蓄などで先取り貯蓄をして、残ったお金で生活するようにすると、無理なく貯金できますね。

関連記事:【月5万円以上節約できる】今すぐ見直すべき固定費まとめ

 

家計を見直して生活防衛資金を確保できたら、資産運用を始めましょう。

個人の資産運用は、インデックス投資がおすすめです。

私はインデックス投資のほかに、不動産投資にも取り組んでいます。

インデックス投資の始め方

インデックス投資の始め方は以下の通りです。

  • 資産運用に回すお金をリスク資産無リスク資産に分ける
  • リスク資産は全世界株式インデックスファンドで保有する
  • 無リスク資産は個人向け国債変動10年(またはネット銀行の普通預金)で保有する

資産運用に回すお金のうち、リスクをとって運用するお金は全世界株式インデックスファンド、安全に運用したいお金は個人向け国債変動10年(またはネット銀行の普通預金)に振り向けます。

現在はさまざまな金融商品・サービスがありますが、個人の資産運用はこの2つだけで十分です。

証券会社は手数料が安く、セールスされる心配がないネット証券を利用するのがおすすめです。

全世界株式インデックスファンドを買うときは、毎月一定額を購入する積み立てを利用すると、無理なく投資を続けられます。

購入した全世界株式インデックスファンドと個人向け国債は、どうしてもお金が必要になるまで、長期にわたって持ち続けましょう。

インデックス投資は、短期間で大きな利益を得ることはできませんが、長期的には個人でも勝てる可能性が高い投資方法です。

また、常に株価を気にしたり、儲かりそうな銘柄を探したり、売却するタイミングを考えたりする手間やストレスから解放されるので、毎日を心穏やかに過ごしたい方におすすめです。

インデックス投資の記事一覧

不動産投資(中古ワンルーム)について

私は事業収入を補うことを目的に、インデックス投資と並行して、中古ワンルームマンションを対象とした不動産投資も行っています。

不動産投資は、入居者がいれば長期にわたって家賃収入を得られるのが魅力です。

また、物件管理は管理会社に任せられるので、時間や手間をかけずに資産を増やすことができます。

ただし、収益不動産は物件価格が高額で、状況に応じて金融機関の融資を利用することになります。

また、収益性の高い優良物件を見つけるのは難しく、信頼できる不動産会社(担当者)を探す必要もあるため、誰にでも勧められる投資方法ではありません。

税金の知識も必要なので、不動産投資は資産運用というよりは、事業と捉えるほうがいいかもしれませんね。

資産形成が目的であれば、基本的にはインデックス投資をおすすめします。

しかし、リスクについて十分に理解したうえで、それでも挑戦してみたいのであれば、不動産投資も選択肢のひとつになると思います。

資産形成の目的は「自由と安心」を得ること

私がお金について勉強し、資産形成に取り組むのは「自由と安心」が欲しいからです。

お金があっても幸せになれるかどうかはわかりませんが、少なくとも選択肢は広がります。

お金のために無理に働かなくてもいいですし、やりたいことにも挑戦できますよね。

また、お金の心配をしないで、大切な人と安心して暮らせます。

私が会社員をやめて独立できたのも、しばらく収入がなくても生活できる貯金を確保していたからです。

贅沢したいとかは特にありません。

というよりも、私にとってはたくさんお金を使うより、自由と安心を得ることが一番の贅沢だと思っています。

やりたいことをやりながら、大切な人と安心して暮らしていくために、これからも無理のない範囲で資産形成に取り組んでいく予定です。

資産形成は難しくない(まとめ)

「節約」や「資産形成」と聞くと難しいと感じるかもしれませんが、実際はそうでもありません。

お金の専門家になるなら別ですが、普通の人が将来のために資産を作るだけなら、難しい知識は不要です。

私がやっているのは、支出を見直して小さく暮らし、浮いたお金を貯蓄や資産運用に回しているだけです。

資産運用もインデックス投資であれば、投資経験がない方でも無理なく取り組めると思います。

当ブログでは、私の経験や考え方をもとに資産形成について発信していますので、興味があれば読んでいただけるとうれしいです!

【らくらく資産形成術】の記事一覧