資産形成は節約が基本!貯金が少ない人は投資より節約を優先しよう

「将来のためにお金を増やしたい」と思った場合、投資を考える人が多いのではないでしょうか。

しかし、投資よりも優先すべきは、支出を見直して貯蓄できる家計を作ることです。

家計を見直さずに投資に取り組んでも、大した成果は期待できません。

特に貯金が少ないうちは、投資より節約に取り組んだほうがラクにお金を増やせます。

今回は、投資より節約を優先すべき理由を説明します。

投資より節約のほうがお金は増える

貯金が少ない人がお金を増やしたい場合、最優先で取り組むべきは節約です。

「お金を増やす=投資(資産運用)」というイメージがあるかもしれませんが、実際は投資の優先順位は高くありません。

お金を増やす方法は、大きくは「支出を減らす」「収入を増やす」「資産運用する」の3つのみで、優先順位をつけると以下のようになります。

  1. 支出を減らす
  2. 収入を増やす
  3. 資産運用する

節約の優先順位が高いのは、すぐに結果が出て、継続できれば確実にお金が増えていくからです。

支出を見直して月5万円節約できたら、月5万円お金が増えるのと同じ効果があります。

この状態を維持できれば、1年間で60万円お金が増えます。

一方で、資産運用で年60万円増やすのは簡単ではありません。

100万円を5%で運用できたとしても、1年間に増える金額は5万円(100万円×5%)です。

今の低金利の状況では、5%で運用できればかなりの好成績といえるでしょう。

しかも資産運用には価格変動リスクがあるので、お金が増えるどころか減る可能性もあります。

貯金が少なく、元本に回せるお金が少ないうちは、投資に回しても大した効果は期待できません。

まずは節約に力を入れたほうが、簡単にお金を増やせます。

関連記事:お金を増やす方法はシンプルに考えると3つしかない

節約は固定費の見直しが効果大

節約には「買いたいものが買えない」「我慢するのはつらい」など、ネガティブなイメージがあるかもしれません。

しかし、固定費の節約なら不要なサービスを解約したり、同じ内容で安いサービスに変更したりするだけなので、我慢や忍耐は必要ありません。

また、固定費は節約できる金額が大きいので、無理なく貯蓄ができるようになります。

節約に取り組むときは、固定費の見直しから始めましょう。

関連記事:【月5万円以上節約できる】今すぐ見直すべき固定費まとめ

まずは生活費6ヵ月分の貯金を目指そう

投資を始めるのは、ある程度貯金ができてからで問題ありません。

まずは、生活費6ヵ月分(理想は1年分)の貯金を目指すのがおすすめです。

生活費6ヵ月分の貯金があれば、急にお金が必要になったり、転職や独立などでしばらく収入が減ったりしても対応できるので、心に余裕が生まれると思います。

その後、投資を始めたい場合は、収入の一部でインデックスファンドを積み立てるといいでしょう。

すぐにお金が大きく増えることはありませんし、一時的には含み損を抱えるかもしれません。

それでも、長く積み立てを続ければ元本は増えていき、少しずつお金が増える可能性も高くなります。

まとめ

将来のために投資に取り組むのは悪いことではありませんが、元本が小さいとお金を大きく増やすのは難しいでしょう。

貯金が少ないうちは、投資より節約に力を入れるほうが効果的です。

まずは固定費の見直しに取り組み、生活費6ヵ月分の貯金を目指しましょう!

▼ブログランキングに参加しています。ボタンを押して応援してもらえるとうれしいです!

にほんブログ村 投資ブログへ