信託報酬(運用コスト)は投資信託の運用成績にどんな影響を与えるのか

こんにちは!大西カツシです。

長期の資産形成では、運用コストを低く抑えることが大切だと言われます。

インデックス投資の場合は、インデックスファンドの購入時手数料信託報酬信託財産留保額などが運用コストですね。

特に信託報酬は、運用期間中は継続してかかるコストなので、運用期間が長くなるほど運用成績に大きな影響を与えます。

とはいえ、信託報酬が運用成績にどんな影響を与えるのか、なかなかイメージできないのではないでしょうか。

そこで、インデックスファンドを100万円分購入後、基準価額がまったく変動しない場合の資産推移(信託報酬別)をまとめました。

運用期間/信託報酬 年率0.2% 年率1.0% 年率1.5%
運用開始時 100万円 100万円 100万円
1年 99.8万円 99.0万円 98.5万円
5年 99.0万円 95.1万円 92.7万円
10年 98.0万円 90.4万円 86.0万円
15年 97.0万円 86.0万円 79.7万円
20年 96.1万円 81.8万円 73.9万円
25年 95.1万円 77.8万円 68.5万円
30年 94.2万円 74.0万円 63.5万円

▼グラフにするとこんな感じですね。

投資信託の運用コスト

 

信託報酬が0.2%であれば、10年後の資産額は98万円、30年後も94万円あります。

基準価額がまったく変動せず、信託報酬だけかかっているのに、資産はそれほど減っていませんね。

一方で、信託報酬が1%に上がると、10年後は86万円、30年後は74万円に減ってしまいます。

信託報酬が1.5%だともっと悲惨で、10年後は79万円、30年後は63万円と4割近くも資産が目減りすることになります。

これに購入時手数料や信託財産留保額が加われば、利益を出すのはかなり難しいでしょうね…。

 

信託報酬0.2%1.0%1.5%という数字だけを比較すると、それほど差がないように感じるかもしれません。

しかし、先ほど示したグラフのように、運用期間が長くなると資産額にかなりの差が生じます。

購入した投資信託の運用成績がよかったとしても、信託報酬が高いとコストもかかるので、資産増加は期待できません。

 

リーマンショックやコロナショックといった事例からも明らかですが、将来の株価を予測することは不可能です。

しかし、運用コストはコントロールできます。

投資信託で資産形成に取り組むなら、少しでも信託報酬が低いファンドを選ぶのがおすすめです。