インデックスファンドを買うときは非課税口座を優先的に使う

こんにちは!大西カツシです。

インデックスファンドは証券会社や銀行などで購入できますが、どの口座で保有するか考えたことはあるでしょうか。

資産形成のためにインデックスファンドに投資するなら、非課税口座を優先的に使うのがおすすめです。

 

投資信託の運用益(売却益・分配金)には、通常約20%の税金がかかります。

運用益が100万円の場合、税金として約20万円差し引かれるので、手元に残るのは約80万円です。

しかし、非課税口座で購入すると税金はかからないので、運用益100万円がそのまま手元に残ります。

 

資産形成を目的に長期投資をする場合、課税口座と非課税口座では、手元に残る金額が大きく変わってくるかもしれません。

▼たとえば、毎月3万円を30年間積み立て、年率3%で運用できた場合の運用成果は以下の通りです。

非課税口座
引用|iDeCoポータル「節税メリットシミュレーション」

 

運用益約660万円のうち、非課税の金額(通常かかる税金)は約130万円です。

運用成果が同じなら、課税口座より非課税口座のほうが、手元に残る金額は約130万円増えることになります。

あくまでもシミュレーション結果ではありますが、非課税口座が有利に運用できることはわかります。

 

インデックス投資で利用できる非課税口座をまとめました。

  • つみたてNISA
  • 一般NISA
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)
  • 企業型確定拠出年金

NISAとは、国が個人投資家向けに創設した少額投資非課税制度です。

つみたてNISAと一般NISAは併用できないので、どちらかを選択して利用します。

iDeCoは個人で加入できる年金制度、企業型確定拠出年金は勤務先で加入できる年金制度です。

どちらも自分で商品(インデックスファンド)を選んで運用を行います。

 

つみたてNISAと一般NISA、iDeCoは、SBI証券や楽天証券などのネット証券で口座開設が可能です。

企業型確定拠出年金は、勤務先が制度を導入している場合に利用できます。

インデックスファンドで資産形成に取り組むなら、非課税口座をうまく活用しましょう。

 

関連記事:つみたてNISAの特徴とメリット・デメリットまとめ

関連記事:iDeCo(個人型確定拠出年金)の特徴とメリット・デメリットまとめ