収入保障保険は子育て世代におすすめ!安い保険料で必要な保障を確保しよう

子どもが生まれて子育ては始まると、生命保険を検討するのではないでしょうか。

特に小さい子どもがいる家庭では、これからまとまった養育費・教育費がかかるので、生命保険の必要性は高いといえます。

生命保険にはさまざまな種類がありますが、子育て世代には収入保障保険がおすすめです。

我が家も子育て中で、夫婦ともに収入保障保険に加入しています。

今回は収入保障保険の特徴やメリット、定期保険との違いについて説明します。

収入保障保険とは

収入保障保険とは、保険期間中に死亡または高度障害状態となったときに、遺族が年金を受け取れる保険です。

たとえば、保険金額が月10万円の場合、遺族に保険金が毎月10万円支払われます。

保険金額を月額で設定できるので、必要保障額を計算しやすいのが特徴です。

一度にまとまったお金を受け取るより、給料のように毎月お金を受け取るほうが生活費として使いやすいでしょう。

保険料は掛け捨てで、貯蓄型保険より保険料が安いのも魅力です。

収入保障保険と定期保険の違い

掛け捨ての死亡保険は、収入保障保険のほかに定期保険があります。

定期保険とは、保険期間中に死亡または高度障害状態となったときに、遺族が一定の保険金を受け取れる保険です。

収入保障保険と定期保険は、保険金額に違いがあります。

収入保障保険は毎月一定額の保険金が支払われるので、時間が経過するほど保険金の受取総額は減っていきます。

また、商品によっては、最後の数年に最低保証が用意されています。

それに対して、定期保険は保険期間中の保険金額は一定です。

保険金額が2,000万円の場合、保険期間内なら死亡時の年齢に関わらず2,000万円が支払われます。

収入保障保険は時間の経過とともに保険金額が減っていくため、定期保険よりも保険料が安い傾向にあります。

収入保障保険のメリット

年金形式で保険金を受け取れる

収入保障保険では、保険金が「月10万円」のように年金で支払われます(一括受け取りも選択可能)。

「月いくらあれば生活できるか」と考えられるので、必要保障額を計算しやすいでしょう。

我が家では預貯金と遺族年金を考慮して、私と妻それぞれ月10万円の収入保障保険に加入しています。

必要保障額を計算するときは、公的保障(遺族年金)を考慮するのを忘れないようにしましょう。

関連記事:民間保険は本当に必要?保険に入る前に知っておきたい公的保障の基礎知識

保険料が安い

収入保障保険は、保険料が安いのもメリットの一つです。

掛け捨ての保険なので、貯蓄型保険より保険料は安く設定されています。

また、同じ掛け捨ての定期保険と比べても、保険料は割安です。

収入保障保険のデメリット

収入保障保険のデメリットは、私には思いつきません。

保険料が掛け捨てなのが気になるかもしれませんが、貯蓄型保険はデメリットが多いので、個人的には避けるべき商品だと考えています。

関連記事:貯蓄型保険のデメリットとは?保険でお金を貯めるのはやめたほうがいい理由

収入保障保険に加入する際の注意点

収入保障保険に加入するときは余計な特約をつけず、基本保障だけのシンプルな契約にするのがおすすめです。

リビング・ニーズ特約(余命6ヵ月以内と判断された場合に死亡保険金を受け取れる特約)のように、無料でつけられるものなら問題ありません。

しかし、余計な特約をつけると契約内容がわかりにくくなりますし、保険料も高くなってしまいます。

保険はもしものときの備えるものなので、過度に不安になることなく、必要最低限の保障に留めましょう。

まとめ

子育て世代が生命保険に入るなら、収入保障保険がおすすめです。

保険金を年金形式で受け取れるので必要保障額が計算しやすく、保険料も割安です。

収入保障保険に入るときは、ムダな保険料を払わずに済むように、遺族年金を考慮して保険金額を決めましょう。

▼ブログランキングに参加しています。ボタンを押して応援してもらえるとうれしいです!

にほんブログ村 投資ブログへ