【感想】斎藤一人さんの『嫌ならやめてもいいんだよ』は気持ちがラクになる本

斎藤一人さんの『嫌ならやめてもいいんだよ』を読みました。

人生はいいことばかりではなく、誰でも一つぐらいは嫌なことがあると思います。

普通なら「つらいのは自分だけじゃない」「我慢することも大事」と考えて、嫌なことにもがんばって耐えようとするのではないでしょうか。

しかし、一人さんは「嫌なことはさっさとやめたほうがいい」といいます。

本書では、嫌なことをやめるメリットがわかりやすく書かれており、共感できる内容が多くありました。

嫌なことからはパッと逃げる

嫌なことに遭遇した場合、多くの人は以下のように考えるのではないでしょうか。

  • どうしたら嫌じゃなくなるか
  • 誰かに助けてほしい
  • まわりと衝突したくない

しかし、嫌なことが好きになることはほとんどありません。

また、誰かの助けや事態が好転するのを待っていたら、ますます苦しくなるだけです。

一人さんは、「嫌なことをやめるのは非常口を使って逃げるのと同じ」だといいます。

嫌なことは人生における非常時だから、一刻も早く逃げなきゃいけないそうです。

私も仕事がどうしても嫌になって数回転職していますが、あの時やめて本当によかったと思っています。

あのまま我慢しても、状況がよくなることは恐らくなかったでしょう。

嫌なことから逃れたい場合は、自分で「やめる」と決断することが大切です。

嫌なことをやめるのは挫折じゃない

「一度始めたことは最後まで続けなくてはならない」「やめたら負け」みたいな考え、空気があると感じます。

しかし、嫌なことをやめるのは挫折ではありません。

「嫌なことを我慢し続けると大変なことになる」と一人さんはいいます。

始めるのも、やめるのも本人が好きなようにしたらいい。
世間のイメージなんて関係ないよ。
どんなことでも、嫌になったらやめていい。
だって、やめざるを得ないじゃない。
壊れちゃうか、やめるかのどちらかなんだから。

引用:『嫌ならやめてもいいんだよ』P41

この文章、すごく共感します。

まわりがどう思おうと、自分は嫌だと感じるなら仕方ないですよね。

「自分のことは自分で守るしかない」と私は思います。

嫌だとわかるのは大事な学び

「嫌なことをやめる」と聞くと、ネガティブなイメージを持つ人もいるでしょう。

しかし、一人さんいわく、嫌だとわかるのは大事な学びなのだそうです。

嫌だとわかるのは「そっちは間違った道だよ」というお知らせであり、嫌なことをどんなにがんばっても成功できないといいます。

たとえば、やりたいことが見つからないという人は、嫌なことをどんどんやめていくといいかもしれません。

私は今の仕事(金融ライター)がこれまでで一番自分に合っていると感じていますが、最初からライターになりたかったわけではありません。

「やりたくない」「もう無理」「自分には合っていない」と感じた仕事から逃げ続けた結果、気づいたらライターになっていたという感じです。

仕事に限らず、「嫌だなぁ」と感じたらその気持ちを素直に受け入れ、別の道(選択肢)を考えてみると状況が好転するかもしれませんね。

嫌なことはやめよう

たとえ嫌なことがあっても、「いざとなったらやめてもいい」と思えるだけで気持ちが少しラクになるのではないでしょうか。

嫌なことをやめるのは挫折ではないし、悪いことでもありません。

勇気を出して嫌なことをやめてみると、よりよく生きられるようになります。

斎藤一人さんの『嫌ならやめてもいいんだよ』は、嫌なことがあって「つらい」「苦しい」と感じている人におすすめの一冊です。

▼ブログランキングに参加しています。ボタンを押して応援してもらえるとうれしいです!

にほんブログ村 投資ブログへ