保険貧乏にならないための生命保険・医療保険の入り方

保険に入っておけば、もしものときには家族に生活費を遺せますし、病気やケガの医療費にも備えられます。

しかし、保険ですべてのリスクに備えようとすると、保険料が高額になって家計を圧迫してしまいます。

保険料を抑えながら必要な保障を確保するには、どのように保険に入ればよいのでしょうか。

今回は、保険貧乏にならないための生命保険・医療保険の入り方についてお伝えします。

まずは公的保障の内容を確認しよう

民間の保険を検討する前に、まず確認しておきたいのが公的保障です。

日本には社会保障制度や公的医療保険があるので、民間の保険に入らなくても一定の保障を得られます。

たとえば、国民年金や厚生年金の被保険者が亡くなった場合、家族に「遺族年金」が支払われます。

また、医療費が高額になったときは「高額療養費制度」がありますし、会社員なら病気やケガで長期間休んでも「傷病手当金」を受け取れます。

公的保障の内容を確認して、それでも保障が不足する場合のみ、民間の保険を検討しましょう。

関連記事:民間保険は本当に必要?保険に入る前に知っておきたい公的保障の基礎知識

民間の保険が必要な人・不要な人

公的保障があるので、民間の保険が必要な人はそれほど多くありません。

個人的には、民間の保険が必要なのは以下のケースのみだと思っています。

  • 子育て中の人
  • 自営業者・フリーランス

子育て中の人はもしものときに備えて、子どもが独立するまでの期間限定で死亡保障を確保するといいでしょう。

また、自営業者・フリーランスは傷病手当金を受け取れないため、不安な場合は働けなくなるリスクに備えておくといいかもしれません。

独身の人や子育てが終わった人は、自分が亡くなったときに金銭的に困る人がいない限り生命保険は不要です。

保険は掛け捨てがおすすめ!貯蓄型保険は避けよう

貯蓄型保険は、保険と貯蓄機能が一体となった保険です。

保険料が掛け捨てでないことに魅力を感じるかもしれませんが、貯蓄型保険には多くのデメリットがあるので、個人的にはおすすめしません。

低金利の影響で大してお金が増えないにもかかわらず、中途解約すると元本割れします。

また、掛け捨てに比べると保険料は高く、保険料に占める手数料の内訳も不透明です。

掛け捨ての保険で必要最低限の保障を確保し、貯蓄は預貯金やインデックスファンドなどで準備するほうが合理的だと思います。

関連記事:貯蓄型保険のデメリットとは?保険でお金を貯めるのはやめたほうがいい理由

子育て世代は収入保障保険で死亡保障を確保する

子育て中で家族のために死亡保障を準備したい場合は、収入保障保険がおすすめです。

収入保障保険とは、保険期間中に死亡または高度障害状態となったときに、「月10万円」のように遺族が年金を受け取れる保険です。

給料のように毎月お金を受け取れるため、一度にまとまったお金を受け取るより生活費として使いやすいのがメリットです。

また、掛け捨ての保険なので、保険料が安いのも魅力です。

収入保障保険に入る場合は、遺族年金を考慮して保険金額を決めるといいでしょう。

関連記事:収入保障保険は子育て世代におすすめ!安い保険料で必要な保障を確保しよう

自営業者・フリーランスは就業不能保険を検討

病気やケガで長期間働けなくなった場合、会社員なら最長1年6ヵ月「傷病手当金」を受け取れます。

しかし、自営業者・フリーランスには何の保障もありません。

寝たきり状態になる可能性は低いかもしれませんが、不安な場合は就業不能保険を検討しましょう。

就業不能保険は働けない状態が続く限り、保険期間満了まで給付金が支払われるため、長期間働けなくなった場合の生活費をカバーできます。

関連記事:就業不能保険とは?公的保障が少ない自営業者・フリーランスは検討の価値あり

医療保険・がん保険はいらない

病気やケガに備える保険として、人気なのが医療保険とがん保険です。

今は2人に1人はがんになる時代なので、「がん保険だけは入っておきたい」という人もいるでしょう。

しかし、個人的には、医療保険とがん保険のどちらも不要だと考えています。

保険診療なら高額療養費制度が利用できるので、医療費は自己負担限度額までで済みます。

自己負担分は預貯金で払えば問題ありません。

保険ですべてのリスクの備えるのは難しいので、保険料を払うより、その分を貯蓄や投資に回すほうが合理的です。

医療費として100万円程度のお金が用意できるなら、医療保険もがん保険も必要ないと私は思います。

関連記事:金融ライター(FP)の私が医療保険に入らない3つの理由

関連記事:がん保険は必要?不要?がんになる確率や入院日数、医療費などをもとに解説

子どもの医療保険も不要

子どもは体調を崩すことが多く、ケガもしやすいので、医療保険に入ることを検討するかもしれません。

しかし、子どもの入院率は大人に比べると低く、医療費助成制度も充実しているので、医療保険は不要です。

子どもの医療保険に入って保険料を払うより、教育費などの備えて貯蓄や投資に回すほうがいいと私は思います。

関連記事:子どもの医療保険は入るべき?医療費助成の内容や必要性について解説

まとめ

公的保障があるので、民間の保険が必要な人は多くありません。

子育て中の人や自営業者など、公的保障だけでは保障が不足する場合のみ、保険に入ることを検討しましょう。

掛け捨ての保険なら、安い保険料で必要な保障を確保できます。

保険貧乏にならないためにも、民間の保険は必要最低限にしておくのがおすすめです。

▼ブログランキングに参加しています。ボタンを押して応援してもらえるとうれしいです!

にほんブログ村 投資ブログへ

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログ『らくらく資産形成術』の運営者。本業はフリーランスの金融ライター(AFP)です。10年以上の投資経験とFP資格を活かし、複数のメディアで執筆しています。インデックス投資で資産形成中。