銀行口座はいくつ持つ?メインバンクとサブバンクを使い分けよう

銀行口座をいくつ持つか、悩んでいませんか。

お金の貯まりやすさや家計管理のしやすさは、銀行口座の数によって変わってきます。

無理なくお金を貯めたいなら、自分に合った銀行口座の数を見極めることが大切です。

今回は、理想的な銀行口座の数やメインバンク・サブバンクの使い分けについて解説します。

銀行口座の数は少ないほうがお金を管理しやすい

銀行はメガバンク、地方銀行、信用金庫、ネット銀行などがあり、金利や手数料、取扱商品などのサービス内容はさまざまです。

もしかしたら、「お金を貯めるには多くの銀行口座を使い分ける必要がある」と思うかもしれません。

しかし、実際は銀行口座をたくさん持つほど、お金は貯まりにくくなります。

口座残高を把握しにくく、使途不明金が出やすくなるからです。

「口座にお金を準備するのを忘れて支払いが遅れてしまった」なんてことも起こり得えます。

銀行口座を1つだけにすれば、入出金明細を見るだけでお金の動きを把握できます。

「無理なくお金を貯めたい」「家計管理を楽にしたい」と考えるなら、銀行口座の数はできるだけ少ないほうがいいのです。

メインバンクとサブバンクを使い分けるのがおすすめ

銀行口座は、メインバンクとサブバンクの2口座がおすすめです。

銀行口座は1つに絞るのが理想ですが、実際には難しいのではないでしょうか。

たとえば、ネット銀行はパソコンやスマホで取引ができ、ATM手数料や振込手数料も安くて便利です。

しかし、ネット銀行は、住んでいる地域によっては水道代や住民税の自動引落に対応していません。

また、メガバンクや地方銀行は店舗が多く、窓口で相談することも可能ですが、ATM手数料や振込手数料が高い傾向にあります。

そのため、私はメインバンク(地方銀行)とサブバンク(ネット銀行)を使い分けています。

お金の動きを簡単に把握するために、入金や支払(自動引落)は地方銀行の口座にまとめています。

ネット銀行には少しお金を入れておき、現金の引き出しや振込の際に利用して手数料を節約しています。

使っていない銀行口座はすぐに解約する

もし使っていない銀行口座があるなら、すぐに解約手続きをしましょう。

私は金融ライターとして、ネット銀行関連の記事を書くこともあります。

ライターを始めた当初、勉強のためにいくつものネット銀行で口座を開設しました。

実際にサービスに触れたうえで記事を書けたのはよかったのですが、残高ゼロだと思っていた口座に10万円以上の預金があって、あわてて引き出したことも…。

使っていない銀行口座がたくさんあると、家計の収支がよくわからなくなります。

銀行口座は2つまでにして、使っていない口座は今すぐ解約しましょう。

まとめ

銀行によって特徴が異なるので、サービス内容やキャンペーンに惹かれて口座をたくさん作ってしまうかもしれません。

しかし、銀行口座をたくさん持つとお金が散らかってしまい、家計収支が見えにくくなります。

無理なくお金を貯めたいなら、銀行口座はメインバンクとサブバンクの2口座までにしておきましょう。