生命保険を卒業しました!すべて解約した理由と節約できた金額

タイトルの通り、加入していた生命保険(収入保障保険、就業不能保険)をすべて解約しました。「卒業」と表現したように、考え方が大きく変わらない限り、もう加入することはないでしょう。

生命保険は、子育て中でどうしても保障が必要なときだけ利用するものと考えています。

我が家は小学生の息子がいるので、私と妻それぞれ収入保障保険に加入していました。また、自営業で公的保障が手薄な私は、就業不能保険にも加入していました。

しかし、最近は「生命保険はもう不要なのでは?」と思うことが増えました。そこで、資産状況を見ながら妻と話し合ったところ、あっさりと「生命保険はいらない」との結論に達します。

生命保険の必要性を考えるうえで、「卒業(すべて解約)する」と決めた理由は以下の通りです。

  • 生命保険に入らなくても遺族年金がある
  • ある程度の資産は確保できている
  • お互いに何かあっても仕事は辞めない
  • 亡くなった人の分の生活費が不要になる
  • 住宅ローンなどの借金はない
  • 死亡する確率は低い
  • いざとなれば「実家に帰る」という選択肢もある

個人的には、亡くなった人の分の生活費が不要になるのは大きな気づきでした。現在の生活費を基準に考えてしまいがちですが、生活費が下がることを考慮すると「遺族年金だけ十分だな」と思えたのです。

不安が全くないわけではありません。でも、何となく不安というだけで保険料を払い続けるのはバカらしいと思いました。実際に手放してみると、もやもやした気持ちが消えてスッキリしました。

また、もし私と同じ状況の人から「生命保険を解約しても大丈夫か」と聞かれたら、迷わず「問題ない」と答えると思ったのも決め手になりましたね。

生命保険をすべて解約したことで、年10万円の節約になりました。固定費は徹底的に削ったつもりでしたが、まだ見直しの余地があったようです。