一般NISAとつみたてNISAはどっちがおすすめ?

こんにちは!大西カツシです。

NISA(少額投資非課税制度)を利用するときは、一般NISAとつみたてNISAのどちらか1つを選択しなくてはなりません。

一般NISAとつみたてNISAのどっちにするか、迷うかもしれませんが、資産形成が目的ならつみたてNISAがおすすめです。

理由は、一般NISAは非課税期間が短すぎて、個人の資産形成には向かないからです。

一般NISAとつみたてNISAの特徴をまとめました。

一般NISAとつみたてNISAの比較
一般NISA つみたてNISA
非課税対象 株式・投資信託などから得られる配当金、分配金、譲渡益 一定の投資信託から得られる分配金、譲渡益
非課税投資枠 年120万円(5年で最大600万円) 年40万円(20年で最大800万円)
非課税期間 最長5年間 最長20年間
投資可能期間 2014年~2023年 2018年~2037年

一般NISAの非課税期間は最長で5年間しかありませんが、つみたてNISAは最長20年間非課税で運用できます。

▼金融庁の資料によれば、資産・地域を分散した積立投資を長期間続けることで、結果的に元本割れする可能性が低くなる傾向にあることがわかっています。

一般NISAとつみたてNISA
引用:金融庁「つみたてNISA早わかりガイドブック

 

個人の資産形成では長期間運用を続ける必要があるため、一般NISAの非課税期間5年は短すぎると感じます。

また、非課税投資枠についても、つみたてNISA(800万円)のほうが一般NISA(600万円)より大きくて有利です。

一般NISAは2024年から制度変更が予定されていますが、非課税投資枠が2階建てになるなど、制度が複雑でわかりにくいですね。

個人的には、つみたてNISAのほうがシンプルで使いやすいと感じます。

資産形成が目的でNISAを利用するなら、間違いなく、つみたてNISAがおすすめです!

 

関連記事:つみたてNISAの特徴とメリット・デメリットまとめ

関連記事:つみたてNISAとiDeCo(個人型確定拠出年金)はどう使い分ければいいのか