記事作成のスピードを上げるためにGoogle音声入力を試しています




記事作成のスピードを上げるために、音声入力を試しています。

音声入力に興味を持ったのは、勝間和代さんの「勝間式超コントロール思考」を読んだのがきっかけです。

 

勝間さんの仕事は執筆業が主であるため、 入力スピードを上げるためにさまざまな方法・ツールを試してきたそうです。

親指シフトを経て、現在は音声入力で執筆していると書かれていました。

 

ローマ字入力より2倍のスピードで執筆できる親指シフトについては、今でも愛好家が多く、特に小説家に親指シフトユーザーが多いです。
ところが、音声入力はさらに入力がスピーディーで、ローマ字入力の5倍程度、親指シフトの3倍程度早く入力が可能です。

引用:勝間式超コントロール思考|勝間和代(著)

 

勝間さんが現在使っているツールや「勝間式超コントロール思考」の執筆方法も具体的に書かれており、すごく参考になりましたね。

勝間式超コントロール思考」の感想は、またあらためて書きたいと思います。

 

私は執筆するときにGoogleドキュメントを使っているので、 Google音声入力を試していますよ。

まだ慣れていないので使い方のコツをつかめていませんが、ローマ字入力より入力スピードはかなり早いです。

うまく使いこなせれば、執筆スピードを1.5倍くらい上げられるのではないかと考えています。

Webライターは試してみる価値があると思いますよ。

 

Google音声入力は句読点(。、)が使えないデメリットはありますが、音声認識の精度はかなり高く、使い勝手は悪くありません。

それに、無料で使えるのがありがたいですね。

ローマ字入力と音声入力を併用しながら、執筆スピードを上げられるかどうか試してみたいと思います。

 

ちなみに、この記事は Googleドキュメントで音声入力し、ローマ字入力で体裁を整えて WordPressにコピーしました。

いつもの半分くらいの時間で書き上げることができましたよ。







よく読まれている記事と広告