Webライターはもっと気軽にブログを書いていい

私はブログを書き始めて4年目になります。

以前はよく更新していたのですが、Webライターを始めてから思うように書けなくなり、昨年は20記事しか更新できませんでした…。

 

仕事に慣れなくて、ブログを書く時間を確保できなかったのもあります。

しかし、一番の理由は「Webライターとして恥ずかしい記事は書けない」と自分で勝手にハードルを上げていたことです。

 

Webライターにとってブログは、執筆依頼をいただく窓口でもありますよね。

SEOを意識してタイトルや見出しをしっかり作って執筆し、マネタイズやPVなどの実績を作ればクライアントにアピールできます。

直接依頼が来る可能性も高くなるでしょう。

 

しかし、「よい記事を書かなければ」と気負いすぎると、思うように更新できなくなります。

せっかくブログを運営していても、定期的に更新しないとアピールできません。

むしろ「全然更新していない…」と悪い印象を与えてしまうのではないでしょうか。

 

Webライターはもっと気軽にブログを書きましょう!

 

ブログでアピールできることは、しっかりと記事を書けることだけではありません。

ブログで自分の思いを発信すれば、自分の人となりを伝えることができます。

クライアントからは「ブログやSNSで大西さんの人となりを確認して依頼しました」と言われることがよくありますよ。

 

「よい記事を書かなければ」という気持ちを捨てると、気軽に楽しくブログを書けるようになります。

よかったら試してみてくださいね。







よく読まれている記事と広告



Webライターブログ