「やよいの青色申告」からデータを書き出してe-taxで確定申告する方法




私は、会計ソフトは「やよいの青色申告(パッケージ版)」を使っています。

2017年分からe-taxで確定申告をしていますが、年1回なので手順を覚えられないんですよね。

そこで、覚え書きも兼ねて、やよいの青色申告のデータからe-taxで確定申告するまでの手順を説明します。

e-taxで確定申告するための事前準備

e-taxで確定申告をするには、事前に以下の準備が必要です。

  • 電子証明書の取得(マイナンバーカードの作成)
  • ICカードリーダーライターの取得
  • e-tax開始届出書の提出
  • 利用者識別番号等の取得
  • e-taxソフトのダウンロード

私は、電子証明書はマイナンバーカードを利用しています。

マイナンバーカードの作成は数週間くらいかかった記憶があるので、早めに準備をしておいたほうがいいですよ。

また、電子証明書を読み込むための「ICカードリーダーライター」も準備しておく必要があります。

私はAmazonでNTTコミュニケーションズの製品(以下)を購入しました。

購入したらすぐに使えるわけではなく、設定が必要になるので、説明書を見ながら進めてみてください。

他にもe-tax開始届出書の提出、利用者識別番号等の取得、e-taxソフトのダウンロードなど、やることが結構ありますね。

私は昨年、確定申告の直前に準備をしたのですが、かなり手間取りました…。

一度設定してしまえば、自宅で申告できてラクなんですけどね。

確定申告の直前ではなく、余裕がある時期に準備しておくのがおすすめですよ。

各手続きについては、下記のリンクを参考にしてくださいね。

参考:マイナンバーカードについて|マイナンバー総合サイト

参考:事前準備の流れ|e-tax

参考:ダウンロードコーナー|e-tax

やよいの青色申告のデータからe-taxで確定申告する手順

それでは、「やよいの青色申告」のデータからe-taxで確定申告する手順を説明していきますね。

▼やよいの青色申告の「決算・申告」にある「e-Taxデータの書き出し」を押します。

やよいの青色申告e-tax1

▼書き出したe-Taxデータを保存します。特に問題がなければそのまま「OK」ボタンを押しましょう。

やよいの青色申告e-tax2

▼e-taxソフトを立ち上げて、作成メニューの「組み込み」ボタンを押します。

やよいの青色申告e-tax3

▼参照を押して、先ほど「やよいの青色申告」から書き出して保存したe-taxデータを選択し、任意の名称を入力して「OK」ボタンを押します。

やよいの青色申告e-tax14

▼「署名可能一覧へ」メニューに移動し、「ICカードを利用」を選択して「次へ」ボタンを押しましょう。

この段階でマイナンバーカードを準備して、ICカードリーダーライターをPCに接続しておきましょう。

やよいの青色申告e-tax5

▼「公的個人認証サービス(マイナンバーカード)」を選んで「次へ」ボタンを押します。

やよいの青色申告e-tax6

▼署名用パスワード(6桁~16桁)を入力して「OK」ボタンを押します。

やよいの青色申告e-tax7

▼内容を確認して「OK」を押しましょう。

やよいの青色申告e-tax8

▼これで申告データへの署名が完了です。

▼次に「送信可能一覧へ」メニューに移動し、先ほど署名したデータを選択して、画面右下にある「送信」ボタンを押します。

やよいの青色申告e-tax10

▼「OK」ボタンを押しましょう。

やよいの青色申告e-tax16

▼下記画面が表示された「OK」ボタンを押しましょう。必要に応じて保存や印刷をしておいてください。

やよいの青色申告e-tax12

▼最後に「メッセージボックス」に移動して、先ほど送信したデータが受け付けられていれば完了です。

このメッセージを見るときも電子証明書が必要になりますよ。

やよいの青色申告e-tax13

もし申告データに誤りがあった場合は、この作業をもう一度やり直せば大丈夫です。

後から送信した内容が最新のものと判断されて、先に送信した内容は破棄されます。

まとめ

e-taxは初年度の準備が大変ですが、一度導入してしまえば自宅から申告できるのでラクですよ。

やよいの青色申告」を使われている方は、ぜひe-taxでの申告に挑戦してみてくださいね。







よく読まれている記事と広告