お金と幸せを結びつけない。別々に考える




お金さえあれば、もっと幸せになれるのに…。

自己否定ばかりしていた会社員時代にいつも思っていたことです。

しかし、最近やっと、お金と幸せは別だと考えられるようになってきました。

 

確かにお金はたくさん欲しいし、いくらあっても困らないと思っています。

お金のために働かなくてもいいし、おいしいものが食べられるし、いざというときも安心ですよね。

でも、幸せとは少し違う気がします。

 

お金がなくても、幸せを感じることはできますよね。

私の場合は、家族で楽しく暮らせていれば十分幸せです。

ひとりでゆっくり読書している時間や、おいしいコーヒーを飲んでいるときも幸せですね。

また、納品した記事についてクライアントさんに喜んでもらえると、貢献できたことがうれしくて幸せを感じます。

どれも特別お金がかかることではありません。

 

「お金さえあれば…」という考え方は、現状への不満を「お金がない」にすり替えているだけです。

現状に不満があるなら、どうすればよくなるのかを考えて行動するしかありません。

お金がなくても、工夫次第で何とでもなります。

 

また、本当にお金がないことが問題なら、お金について学び、お金が貯まるように行動すればいいのです。

 

お金があれば生活は便利になりますが、幸せとは別物。

幸せは所属感や貢献感からもたらされるものです。

 

たとえ現状に不満があっても、お金と幸せを結びつけず、別々に考えることが大切だと私は思います。







よく読まれている記事と広告



お金と幸せ