40歳になりました。30代の振り返りと今後について




40歳誕生日

今月で40歳になりました。

自分が40歳になる日が来るなんて思いもしませんでしたが、やっぱり来るんですね(笑)

 

私にとって30代は、本当に変化の激しい10年間でした。

ざっくりと振り返ってみると、20代の終わりから30代で以下のような経験をしました。

(ほぼ時系列です。)

  • 一般企業の経理職へ転職
  • 結婚
  • 息子の誕生・子育て
  • 税理士試験に挑戦(3回受験して終了)
  • 話し方教室に通う(あがり症克服のため)
  • 管理職に昇進
  • 会社を退職して独立(学習塾経営)
  • ブログとSNSをはじめる
  • アドラー心理学のカウンセラー活動(半年で終了)
  • HSPだと知る
  • Webライターになる(いまここ)

 

30歳になったころは、会社をやめて独立することも、Webライターをしていることもまったく想像できませんでしたね。

「ひとりで自由に働きたい」という希望はありましたが、まさか実現するとは思いもしませんでした。

 

一番の転機は、話し方教室に通ったことです。

当時はあがり症に悩み、自己肯定感がすごく低かったのですが、「自分を大切にしてもいい」と考え方をあらためるきっかけになりました。

この時期を境に、「やりたい」と思ったことは、やる前にあきらめないで挑戦できるようになった気がします。

 

会社をやめるのは管理職になったばかりでしたし、息子もまだ小さかったのですごく悩みましたね。

でも、妻が背中を押してくれたおかげで決断できました。

その後も色々なことに手を出してはあまり長続きしませんでしたが、挑戦したことに後悔はないですね。

すべてが今の自分につながっていると感じています。

 

40歳になって思うのは、「年齢で自分の行動を決めたくない」ということです。

「もう40代だから…」と自分にレッテルを貼って、行動を制限するのはちょっと違うなと思うのです。

 

もちろん、若いころに比べて体力の衰えは感じますし、受け入れなければならない部分もあります。

しかし、自分の変化を楽しみつつ、やりたいと思ったことは素直に挑戦したいですね。

最近始めた英語の勉強なんかもそのひとつです。

 

あとは、家族をはじめ、私と関わってくれる方々との関係を大切にしていきたいですね。

私はHSP気質で、積極的に交流するほうではありませんが、出会いには恵まれていると思っています。

今Webライターとして働けているのは、いろいろな方々のおかげです。本当にありがとうございます。

 

とにかく、あまり年齢を意識せずに、やりたいと思ったことには挑戦していきたいです!







よく読まれている記事と広告



40歳誕生日