FP2級に半年で一発合格した私の勉強方法




FP2級1

金融ライターとして活動することに決めて、最初に取り組んだのがFP(ファイナンシャルプランナー)の資格勉強です。

クラウドソーシングでは、金融記事の応募条件に「FP~級以上」と書かれていることが多いからです。

資格勉強に費やせる時間は1日30分~1時間程度でしたが、自分なりに工夫をしたおかげで半年でFP2級に一発合格できました。

今回は、FP2級に合格するために私が意識して取り組んだことについて書いてみます。

FPの資格勉強で使用した教材

FP2級2

FP資格勉強では、3級・2級ともに「みんなが欲しかった!FPシリーズ」を使用しました。

3級の教科書は、Amazonでベストセラーになっていますね。

あとは金融財政事情研究会(きんざい)のホームページで過去問を少し確認したくらいで、他の教材は一切使っていません。

▼3級はこちら

▼2級はこちら

FPの資格勉強に対する考え方

資格勉強にあまり時間を使いたくなかったので、以下の3つを意識しました。

  • 6割で合格できる
  • 1つの教材を何度も繰り返す
  • 毎日勉強する

FPは学科・実技ともに6割正解すれば合格できるので、完璧を目指さないことを意識しました。

細かいところを意識し出すと、思うように勉強が進まなくなりますからね。

効率を重視して、1つの教材を何度も繰り返すようにしました。

あとは、直前に慌てるがイヤだったので、寝る前に毎日必ず15分は勉強するようにしていましたね。

また、FP3級の受験が終わったら、すぐに2級の勉強を始めましょう。

3級と2級は学習範囲がかなり重複しているので、3級の学習内容を覚えているうちに勉強したほうが効率的ですよ。

FP資格勉強の具体的なやり方

FPの資格勉強は、以下の手順で取り組みました。

  1. 教科書を1セクション読んだら問題集を解く(不正解の問題に印をつける)
  2. 1が一通り終わったら、問題集をあと2回繰り返す(不正解の問題に印をつける)
  3. 時間を計って総合問題を解く(不正解の問題に印をつける)
  4. 本番まで問題集と総合問題で印をつけた問題だけを解き直す

たとえば、教科書で「ライフプランニングと資金計画」の「01:FPと倫理」を読んだら、問題集の「01:FPと倫理」の問題を解きます。

間違えた問題があったら、間違えたことが分かるように印をつけておきましょう。

FP2級3

問題集を3回繰り返したら、あとは印がついている問題だけを繰り返し解いていきます。

3回解いて3回正解している問題はもうわかっているので、これ以上解き直すのは効率が悪いからです。

また、本番をイメージするために時間を計って総合問題を解き、こちらも間違えた問題には印をつけます。

あとは、印をつけた問題だけを本番まで解き直しましたね。

まとめ

FP2級は3級に比べると難易度が上がりますが、少し工夫すれば、少ない労力で合格することは可能です。

合格するコツは、完璧主義を捨てて問題集を繰り返し解くことだと私は思います。







よく読まれている記事と広告



FP2級2