子どもの習い事は自主性に任せる

子育てをしていると、子どもを習い事に通わせるかどうか悩んだことはありませんか?

私には小学校低学年の息子がいますが、現在は通信教育(進研ゼミ)だけで、まだ習い事に通ったことはありません。

周りの友だちのほとんどは習い事に通っているようで、何もしていない友だちを探すほうが難しいほどです。

 

「~ちゃんは水泳に通っている」「~くんはサッカーをやっている」と聞くと、うちの子も通わせたほうがいいのでは?と考える方が多いのではないでしょうか。

子どもが嫌がっているのに、親が必死になって通わせようとする場面を見たこともありますね。

 

子どもが自分の才能を理解するのは難しいでしょうし、「子どもの才能を開花させてあげたい」と思う気持ちはわかります。

しかし、私は「子どもの習い事は自主性に任せればいい」という考えです。

自分の人生は自分で切り開いていくしかないので、習い事に通うかどうかは息子に判断してもらいたいのです。

また、息子に必要なものは、息子に必要なタイミングでやってくるはずです。

 

今は「習い事には行きたくない」と言っているので、無理に通わせるつもりはありません。

我が家は共働きで、平日は一緒にいる時間が少ないこともあり、小さいうちは一緒に過ごす時間を大切にしたいという思いもありますね。

 

もちろん、お子さんが習い事に通いたい場合は、時間やお金が大丈夫なら通わせてあげればいいでしょう。

しかし、「周りが通っているから」という理由で、子どもが乗り気じゃないのに無理に習い事をさせる必要はありません。

まだうまく言葉にできないかもしれませんが、子どもは親が思っている以上に自分の考えを持っています。

必要以上に干渉せず、子どもを信じて見守ることが親の役割だと私は思います。







よく読まれている記事と広告



子どもの習い事