Kindle PaperwhiteをNewモデルに買い替えた感想




私は読書が好きで、AmazonのKindle Paperwhiteを愛用しています。

2015年8月に購入してから3年以上同じ端末を使っていましたが、先日ついに壊れてしまいました。

▼何度充電しても、検索してあれこれ試しても、まったく動かないんですよね…。

キンドルペーパーホワイト2

長く使ってきたので愛着があったのですが、そろそろ寿命だとあきらめて新しい端末を購入しました。

 

▼こちらが今回購入したKindle PaperwhiteのNEWモデルです。

キンドルペーパーホワイト1

Kindle Paperwhiteは以下3つの条件によって価格が変わります。

  • サイズ:8GB または 32GB
  • モデル:広告つき または 広告なし
  • 接続方法:Wi-Fi または Wi-Fi+無料4G

私は最安値(13,980円)の「8G、広告つき、Wi-Fi」にしました。

 

今まで使っていた端末は「Wi-Fi+無料3G」だったので、無料4Gをつけるか迷いましたがやめました。

Wi-Fiルーターはあるし、つけなくて正解でしたね。

Wi-Fi環境がない場合はつけたほうがいいかもしれませんが、最安値より約1万円高くなるので注意してください。

 

また、今までは広告なしでしたが、広告つきにしても私はあまり気になりませんでした。

広告つきと広告なしで2,000円の価格差があるので、気にならないなら安く買える広告つきがおすすめですよ。

 

KindleはスマホアプリやPCを使えば、端末を購入しなくても読めます。

しかし、スマホ・PCはついネットを見てしまうかもしれないので、私は読書専用端末のKindle Paperwhiteを使っています。

読書だけに集中できるのがいいんですよね。

最初は「電子書籍で本当に本が読めるのだろうか?」と思いましたが、使い始めたらもう手放せなくなりました。

 

紙の本はどうしても場所をとるし、持ち運ぶのが大変ですが、Kindleなら端末を持ち歩くだけで済みます。

紙の本より安く買え、プライム会員ならKindle本が追加料金なしで読み放題の「Prime Reading」というサービスもありますよ。

気に入った本はいつでも、何度でも読み返せるのもいいですね。

 

まだKindle Paperwhiteを使ったことがないなら、ぜひ試してみてください。

最初は違和感があるかもしれませんが、すぐに慣れますし、今までよりも快適に読書を楽しめますよ!







よく読まれている記事と広告