2019年にやりたいこと&目標について考えてみた




2018年も終わりに近づいていますね。

新しい年を迎える前に「来年はどんなことに挑戦しようか」「何がやりたいか」考えてみました。

今回は、2019年にやりたいこと&目標について書いてみます。

2019年にやりたいこと

細かいことは色々ありますが、思いついたのは以下の3つです。

  • 金融ライターとして成長したい
  • お金に対する個人的な考え方を発信したい
  • 英語の勉強

それぞれ説明していきますね。

金融ライターとしてもっと成長したい

私は2017年10月からライター活動を始め、2018年1月から「金融ライター」と名乗るようになりました。

少しずつ声をかけてもらえるようになり、現在は複数の金融メディアから執筆依頼をいただいています。

最初はクラウドワークスで必死に案件を探していたことを考えると、この1年間で少しは成長できたのではないかと思います。

しかし、まだ1年間続けただけ。会社員なら新入社員からやっと2年目に入ったところですよね。

金融ライターとしてもっと成長したいですし、まだまだ伸びしろがあると自分では思っています。

「お金の勉強をする」「新しい投資を試す」「ライティングを学ぶ」など、自分にできることにコツコツ取り組んでいきたいですね。

お金について個人的な考え方を発信したい

2019年は、私のお金に対する考え方をもっと発信していきたいですね。

金融ライターとして執筆するときは「自分なら投資しないな」と思う商品やサービスについても、メリットや魅力について書かなければいけない場面があります。

そのため、今まではお金について個人的な考え方を発信することに抵抗があったのです。

しかし、最近は記名記事が増え、私が取り組んでいる投資について書く機会も多くなってきました。

もはや名前を出さずに投資ブログを書く意味はありません。

当ブログやSNSでも、私の投資スタンスやお金に対する考え方などをもっと本音で発信していきたいです。

英語の勉強

「英語を話せるようになりたい」という願望はずっと持っています。

学生時代は英語が好きで、将来は海外で働きたいと思っていた時期もありましたね。

しかし、社会人になってから英語を使うことなくここまで来てしまいました…。

英語を使って何かするといった目的はないのですが、最近はもう一度勉強したい気持ちが強くなってきています。

森沢洋介さんの「英語上達完全マップ」を参考に、1年間英語の勉強に取り組んでみたいと思います。

数字目標はあえて設定しない

2019年にやりたいことについて書いてきましたが、数字目標はあえて設定しません。

数字目標を設定するとそこが限界になってしまいますし、その数字を達成したら燃え尽きてしまうからです。

今年はライターとして月収20万円達成を目標にしてきましたが、目標を達成したとたんにやる気がなくなってしまった苦い経験があります。

数字目標の達成に取り組むよりも、やりたいことを1年間続けることを目標にします。

結果や報酬だけを目的にすると仕事はつまらなくなる

2018.08.24

まとめ

2019年にやりたいことを書いたことで、新しい年を迎えるのが楽しみになってきました。

「月収~万円」といった数字目標ではなく、1年間続けることを目標にします。

来年の年末に今回の記事を見て、「この1年間で成長した」と思えるようにがんばりたいです。







よく読まれている記事と広告



スタートライン