努力をするなら正しい努力をするべき:【書評】努力不要論 by 中野信子




こんにちは。大西勝士です。

中野信子さんの「努力不要論」を読みました。

ずいぶん前から気になっていて、正月休みを利用してやっと読むことできました。

とてもインパクトが強いタイトルですが、努力を全否定しているわけではなく「正しい努力をしよう」というのが本書の主張。

無駄な努力ほど、消耗することはないですからね…。

「もう、がんばるの疲れ果てた…」という人に、ぜひ読んでもらいたい本です。

今回は「努力不要論」の中から、印書に残った内容をピックアップして感じたことをお伝えします。

「1%のひらめきと99%の努力」の真意とは?

よく知られているエジソンの名言に、「1%のひらめきと99%の努力」という言葉がありますね。これほど誤解されている言葉も珍しいと思いますが、エジソンの真意としては、99%努力しても1%のひらめきがなければ無駄、ということを言いたかったのだといわれています。

エジソンの名言である「1%のひらめきと99%の努力」。

恥ずかしながら、この引用部分を読むまで「結果を出すにはストイックに努力しなければいけない」という意味だと思っていました。

でも、「1%のひらめきがなければ、99%の努力が無駄になる」が真意だと言われているんですね!

ここはとても印象深いところで、ただがむしゃらに努力すればいいわけじゃないと、あらためて考えさせられました。

深い…。

努力するなら正しい努力をするべき

がむしゃらに努力をすればいいというのは間違いです。努力をするなら正しい努力をするべきだというのは大前提です。
まず、自分が何をしたいのか、そのためにはどうすればいいのか。それを知るための努力が、本当に必要な努力です。

ぼくは学生時代はずっと体育会系の部活に所属していたので、「がむしゃらに努力すればいい」という考えを体験を通して理解しています。

そして、何も考えずにがんばり続けることが、心も体も消耗させることも…。

結果を出すために一定の努力が必要なことは確かですが、「自分が何をしたくて、そのために何をすべきか」を明確にしないと無駄な努力になってしまいます。

個人的には「苦しさの中にも楽しさを見出せるか」を正しい努力の基準にしていますね。

少しも楽しいと思えないことをがんばってやり続けても、結果は出ないと思うのです。

目的を達成するための戦略を立てる

では無駄な努力、報われない努力をしないためにはどうすればいいのでしょうか? 言い換えれば、報われる努力の方法とはどんなものなのでしょうか? 答えはとてもシンプルです。 目的(目標)と、それを達成するための戦略を立てる。そして、タスクを一つひとつ処理していくだけです。

ぼくは直感を大切にしているので、「気になったこと、やりたいと思ったことはとりあえずやってみる」という姿勢で今まできました。

しかし、引用部分を読んで、やりたいと思っても少し立ち止まり、目的(目標)と戦略を考えてから行動したほうがいいかもしれないと今は感じています。

もちろんバランスが大切で、考えすぎると動けなくなってしまう人は「えいや!」と行動してしまうのもひとつ。

ただし、動く方向を間違えてしまうと修正するのが大変です。

新しいことにチャレンジするときは、少なくとも「何を達成したいのか」だけは明確にしておくべきでしょう。

「努力不要論」のまとめ

中野信子さんの「努力不要論」を読んで、正しい努力とは何かを考えるきっかけをもらいました。

やりたいことはたくさんありますが、これからは実行する前に目的を明確にし、戦略を立ててから行動してみます。

Webライターの仕事で成果を出すうえでも、大切な考え方だと思いましたね。

「がんばってるのに、報われない」と感じているなら、本書を読むことできっと何かつかめるはず。

気になる方は、ぜひ読んでみてくださいね。







よく読まれている記事と広告