「持たない」より「持ちすぎない」がちょうどいい:〔書評〕「循環ライフ」でこんなにキレイ!ゆるい片付け by小松ゆみ




小松ゆみさんの『循環ライフでこんなにキレイ!ゆるい片付け』を読みました。

ぼくはゆみさんのブログが好きで、よくチェックしています。

出版されたと聞いて「これは読まねば!」と早速購入したのですが、期待以上のすばらしい内容でしたね。

さっそく試してみようと思えるノウハウや考え方がたくさんありました。

快適な暮らしを手に入れたい、もっとラクに片付けしたい方は必読です!

「捨てる」は手段。目的を見失うな!

片付けにとって、「捨てる」という方法はあくまでも手段です。

私は、いつしか、捨てるという「手段」を「目的」にすり替えていました。

(中略)

いつしか見失っていましたが、片付けの目的とは、「家族の幸せ」や「快適な暮らし」を手に入れることだったはず。 

この数年、「やめる」「捨てる」を強く意識してきました。

自分に必要ないもの(やること、サービス、人間関係含む)をやめること、捨てることに取り組んできたのです。

ときには、家族(特に息子)がものを捨てないことにイライラすることもありました。

しかし、この文章を見てハッとさせられました。

「やめる」「捨てる」は手段で、本当の目的は「家族や自分にとって、快適な暮らしを実現すること」だったから。

ぼくには不要に見えても、息子にとっては必要なものもあります。捨てることを強制できないですよね。

手段と目的を見失わないようにしたいと強く思いました。

必要なのは、ものを「循環させる仕組み作り」

この「循環ライフ」という仕組みに気づいてから、目の前に広がっていたモヤが一気に晴れていきました。

私に必要なのは、ものを「循環させる仕組み作り」。

決して、「モノを捨てて片付ける方法」ではなかったのです。

「循環ライフ」とは、下記3つを循環させていくことです。

  1. 入る(量をあらかじめセーブする)
  2. キープする(キープする量を常に把握する)
  3. 出す(増えすぎたら減らす)

ものを片付けることよりも、「循環させる仕組みづくり」が必要だとゆみさんは言います。

言われれば当たり前のような気もしますが、これができないから片付けられないんですよね(笑)

この仕組みをどう作るのか、本書には具体的なノウハウがたくさん紹介されています。

しかも、「ゆるい片付け」なので、やろうと思えば簡単に実践できるものばかり。

詳細はぜひ本書を読んでチェックしてみてくださいね!

ものは「持たない」より「持ちすぎない」がちょうどいい

循環ライフを取り入れた結果、「持ちすぎない暮らし」が実現できました。

私にとって、ものは「持たない」よりも、「持ちすぎない」くらいがちょうどいい。

本当に私が理想としていた暮らしを手に入れることができたんです。

「持たない」ではなくて、「持ちすぎない」という考え方に共感しました。

環境や考え方は人それぞれ。

大切なのは、自分にとって快適なポイントを見つけることなんですよね。

今まで捨てることばかり意識してきましたが、「持ちすぎない」という言葉がすごくしっくりきました。

「循環ライフ」はものの片付けだけでなく、お金や人間関係、働き方にまで通じる考え方です。

まとめ

小松ゆみさんの『循環ライフでこんなにキレイ!ゆるい片付け』は、とても気づきが多い本でした。

片付けのノウハウだけでなく、経験談やあり方についても書かれているのも印象に残りましたね。

「循環ライフ」はものだけでなく、お金や人間関係、働き方にも通じる考え方。

「もっとラクに片付けたい」「なかなか捨てられない」「捨てることに疲れてしまった」と感じている方におすすめです!







よく読まれている記事と広告