牡蠣好きなら一度は食べたい!三重県紀北町の喜久寿司で『渡利牡蠣のひつまぶし』を食べてきた!

こんにちは。大西 勝士です。

三重県紀北町にある喜久寿司で『渡利牡蠣のひつまぶし』を食べてきました。

『渡利牡蠣のひつまぶし』は紀北町のご当地グルメ「きほくラブめし」初代グランプリの一品で、紀北町名産の渡利牡蠣を使ったひつまぶし。

ひつまぶしといえば普通はうなぎですが…これは気になりますね。

牡蠣好きなら一度は食べておきたい!

では、紹介します!

渡利牡蠣のひつまぶし

▲お店の外観。歴史を感じますねー!

ぼくが小さい頃からやっています。

▲芸能人も来店しているみたい。

写真がたくさんありましたね。

▲店内は落ち着いた雰囲気。

▲メニューです。

▲うなぎのひつまぶしもあるんですね!

これも食べてみたいなあ。

▲こちらが『渡利牡蠣のひつまぶし』。

写真ではわからないかもしれませんが、結構ボリュームありますね。

▲牡蠣がいっぱい入ってる!しかも大きい!

まずはそのままいただきます。

甘辛い味付けがごはんとよく合いますね!

▲二杯目は薬味を乗せて。

海苔、わさびと一緒に食べるとさっぱりして、これがまたうまい!

ぼくはそのまま食べるより、こっちのほうが好きです。

▲最後はだしをかけて。これもいいなあ!

薬味を乗せただけのとは、また味が違いますね。

〆に最高!

まとめ

喜久寿司の『渡利牡蠣のひつまぶし』は、一度に三種類の味が楽しめてすごくよかったです。

生牡蠣や焼き牡蠣もいいけど、たまにはひつまぶしもいいですね!

牡蠣好きなら一度は食べてみたい一品!

ぜひ一度訪れてみてくださいね。

アクセス







よく読まれている記事と広告