満員電車で消耗している人は始発電車通勤を始めよう!




満員電車

こんにちは!
大西カツシ(@katsushio1603)です。

毎日の満員電車で消耗していませんか?

私は約6年間電車通勤をしていた経験があり、当時は自宅から会社までドアツードアで約2時間かかっていました。

朝の満員電車ってほんと地獄ですよね。

しかし、始発電車はガラガラで、慣れると結構快適に通勤できますよ。

今回は、満員電車で消耗している人に始発電車通勤をおすすめする理由について説明しますね。

始発電車はすごく快適!

朝から満員電車に乗ると、あの殺伐とした雰囲気にやられますよね。

赤の他人と密着状態でストレスフルですし、ちょっとぶつかっただけで言い争いが始まることもあります。

会社に着く頃にはすでに疲れ切っていて、「やる気出せ」と言われても無理だと思います。

一方、始発電車は全然人がいなくて、すごく快適です!

乗っている人の表情が穏やかで、やる気に満ち溢れている人が多く、車内の雰囲気もいいですね。

早起きする必要はありますが、満員電車に消耗しているなら試してみる価値ありますよ。

始発電車は勉強部屋になる!

勉強や読書がしたいけど、忙しくて時間がない…。

そんな方にも、始発電車通勤はおすすめです。

私は会社員時代に税理士試験に挑戦していたことがありますが、1年目は思うように勉強できず、結局1科目も合格できませんでした…。

仕事をしながらなので、勉強時間の確保が課題だと感じ、2年目から始発電車通勤を始めましたよ。

平日は始発電車に乗ってテキストを読み、最寄り駅に着いたらカフェに入って、出社時間まで問題を解いていましたね。

おかげで1年目よりも勉強時間が増え、簿記論と財務諸表論の2科目に合格することができました。

(その後、税理士はあきらめました)

働きながら勉強している人には、始発電車通勤はすごくおすすめです!

夜の眠さに耐えながら勉強するなら、早く寝て、朝勉強した方が楽に取り組めますよ。

早朝出勤すると評価が上がる!

始発電車に乗って早朝出勤すると、会社での評価が上がりますよ。

仕事ができる人や上司(特に役員)は、早く出社している方が多いと思います。

他の社員がいない中で、朝早くから働いているあなたを見た上司はどう思うでしょうか?

それだけで好感を持ってもらえますし、いつもは気軽に話せない役員からも「早くからがんばってるね!」と声を掛けてもらえることもあります。

出世を目指すかどうかは人それぞれとして、仕事がやりやすくなるのは間違いありません。

朝仕事の大半を片づけられれば、残業しないで帰ることも可能でしょう。

時間に余裕ができるので、前向きな気持ちで過ごせるようになりますよ。

まとめ

早起きしてやりたいことができると、気持ちが前向きになります。

電車通勤の場合、「始発電車に乗る」と決めてしまえばリズムが作りやすいです。 

最初は早起きが大変ですが、慣れれば満員電車で消耗するより楽だと思いますよ。

始発電車通勤を実践するには、とにかく早く寝ることが重要です。

始発電車通勤を始めて、満員電車で消耗する生活にお別れしましょう!







よく読まれている記事と広告