フリーランスや個人事業主が無料サービスをやってはいけない理由

こんにちは!
大西カツシ(@katsushio1603)です。

ひとりで働くようになり、これだけはやってはいけないと気づいたことがあります。

それは、無料サービスです。

集客できなかったり、サービスに自信がないと「まずは無料から」となりがち。

業種によっては有効な場合もありますが、基本的にはNGだと考えています。

私が学習塾をしていたときは、無料体験は行っていましたが、他に無料で提供しているものはありませんでした。

無料サービスを行っていた時期もありましたが、効果はなかったですね…。

今回は、フリーランスや個人事業主が無料サービスをやってはいけない理由を書いてみます。

クレクレ星人が寄ってくる

無料サービスをすると、「クレクレ星人」が寄ってきます(笑)

クレクレ星人は、サービスは無料で当たり前だと思っている人たちのことですね。

あなたのサービスに魅力を感じて来ているわけではなく、無料だから来ているだけ。

仕事として先につながることはありません。

彼らの要求はだんだんエスカレートしていくでしょう。

「これも教えてくれ。」「あれもやってくれ。」

もちろん無料で(笑)

良いお付き合いができる方と出会いたければ、無料サービスはやめましょう。

自分もお客も真剣になれない

サービスは有料だからこそ、自分もお客も真剣になります。

こちらは良いものを提供しようとしますし、お客も何かを学ぼう、良いものを作ってもらおうと真剣に対応してくれます。

しかし、無料では自分もお客も、「どうせ無料だし…」と真剣になれません。

無料サービスは、お互いに得るものがないのです。

趣味なら無料でも構わないと思います。

しかし、仕事としてやるなら有料にして、良い緊張感をもって取り組みましょう。

お金を受け取る勇気を持とう!

有料にできない最大の理由は、「自分なんかがお金を受け取れない…」という自信のなさや罪悪感。

私も独立した当初は「こんなのでお金もらっていいのかな?」と感じましたね。

ずっと会社から給料をもらっていたので、お客から報酬をもらう感覚がありませんでした。

独立して働きたいなら、お金のブロックを外す必要があります。

お金は受け取っていいのです。

無料や低価格でのサービス提供は、「自分にはこれだけの価値しかない」と宣伝しているようなもの。

お金を払うかは相手が決めることですし、思うように集客できなければその時点で見直せばいいのです。

お金は気持ちよく受け取り、良いサービスを提供することに集中しましょう!

まとめ

独立して働くなら、無料サービスだけはやめましょう。

良いお客と出会えなくなるし、 自分に価値がないと宣伝しているのと同じです。

あなたのサービスに魅力を感じ、お金を払ってくれる人はきっといます。

お金のブロックを外し、ちゃんと受け取ることで仕事がうまく回るようになりますよ。

参考にした本