個人事業主・フリーランスが確定申告を簡単に終わらせる2つの方法

個人事業主やフリーランスは、1年間の所得を計算して確定申告をしなくてはなりません。

簿記や税務の知識がないと、確定申告の準備や手続きには手間と時間がかかります。

しかし、やり方を工夫すれば、確定申告を簡単に終わらせることは可能です。

今回は個人事業主・フリーランスの方向けに、確定申告を簡単に終わらせる方法を2つ紹介します。

クラウド会計ソフトを使う

クラウド会計ソフトを使うと、簿記や税務の知識がなくても簡単に確定申告ができます。

銀行口座やクレジットカードなどを会計ソフトに連携すれば、データを取得して自動的に仕訳をしてくれます。

また、日付や金額などを入力するだけで帳簿が作成されるなど、簿記や税務の知識がなくても申告書類が作成できる仕組みが整っています。

クラウドならインストール不要で、いつでも最新バージョンが使えるのもメリットです。

「やよいの青色申告オンライン」がおすすめ

やよいの青色申告オンライン はシェアNo.1のクラウド会計ソフトです。2人に1人がやよいの青色申告を使っています。

私はクラウドではなくデスクトップ版ですが、開業当初から8年以上、やよいの青色申告を使い続けています(クラウドへの移行を検討中)。

銀行口座やクレカとの連携はもちろん、レシートや領収書をスマホで撮影すると自動仕訳される機能もあります。

請求書ソフト「Misoca」との連携で、請求書データの自動仕訳ができるのも魅力です。

e-tax(電子申告)との連携も簡単なので、自宅にいながら簡単に確定申告ができます。

関連記事:「やよいの青色申告」を使ってe-Taxで確定申告をする方法

やよいの青色申告オンラインには、以下3つのプランがあります。

  • セルフプラン(年8,800円)※初年度無料
  • ベーシックプラン(年13,200円)
  • トータルプラン(年22,000円)

すべての機能が使えるセルフプランは、初年度は無料で利用できます。

「自分で調べながら作業したい」「無料で試してみたい」という方は、セルフプランが向いています(私もセルフプランです)。

操作質問や業務相談など、わからないことを電話やメール、チャットで確認したい場合はベーシックプランやトータルプランを検討しましょう。

参考:やよいの青色申告オンライン

税理士に依頼する

「確定申告がまったくわからない」「忙しくて時間がない」という場合は、税理士に依頼するのがおすすめです。

必要書類を準備するだけで、確定申告をすべて任せられます。

税理士に確定申告を依頼すると、報酬が発生するのがデメリットです。

それでも、苦手な確定申告に時間をかけるなら、その分仕事をして稼ぐほうが合理的ではないでしょうか。

ココナラの確定申告代行サービスがおすすめ

確定申告を依頼する税理士を探すなら、ココナラがおすすめです。

ココナラとは、個人のスキルを気軽に売り買いできるサービスです。

税理士も多数出品しており、個人事業主・フリーランスの確定申告に対応しています。

数万円程度から依頼でき、オンラインで気軽に相談できます。

また、確定申告だけでなく、1年分の記帳をすべて丸投げすることも可能です。

申告内容を間違えると修正申告が必要になることもあるので、不安な場合は税理士に依頼するのが安心といえます。

確定申告を自分でやるのが面倒なら、ココナラの確定申告代行サービスを利用しましょう。

参考:ココナラの確定申告代行サービス

まとめ

確定申告は面倒ですが、期限までに終わらせないと無申告加算税や延滞税が課されてしまいます。

また、確定申告をすることで、納めすぎた税金が還付される可能性もあります。

個人事業主・フリーランスが確定申告を簡単に終わらせたいなら、クラウド会計ソフトか確定申告代行サービスを利用しましょう。

参考:やよいの青色申告オンライン

参考:ココナラの確定申告代行サービス